• ホーム
  • トリコモナスの治療薬フラジールの特徴

トリコモナスの治療薬フラジールの特徴

女性を診ている医者

性病のひとつにはトリコモナスと呼ばれるものがあり、これは膣トリコモナス原虫という微生物が原因で発症する病気です。避妊具を用いない性行為や肛門での性交、オーラルセックスなどで感染することがありますが、性行為をしていなくても感染する場合もあります。たとえば感染者が使用した便器や浴槽、タオルなどを使用することで移ってしまうこともあるのです。性病とされていますが、性交渉以外の感染経路があるため、性交渉の経験がない人や幼児であっても感染することがあります。

男性が感染した場合は、一般的に症状が感じられないことがほとんどだと言えるのです。尿道に感染して尿道炎を引き起こすのですが、膿の分泌は軽度であり排尿痛も軽いため、発症に気づかない人も多いと言えます。女性が感染した場合は、膣以外に子宮の入り口や膀胱、尿道に症状があらわれ、外陰部や膣に痛みや強い痒みが生じるだけではなく、泡状で悪臭のするおりものが増加するという特徴もあるのです。感染者の半数近くに自覚症状がないため、放置してしまう人は多く、その場合はパートナーとピンポン感染の原因となります。

トリコモナスを治療するのであれば、フラジールという治療薬を用いることができ、内服したり膣に挿入したりすることによって、病気を治すことができるのです。フラジール錠は内服薬であり用法容量は1日2回、1錠を10日間飲むというものですが、膣錠の場合は1日1回、1錠を膣に挿入します。用法容量を守って使用すれば、高い効果を期待することができるでしょう。カンジダには効果がないので注意してください。

フラジールがトリコモナスの治療に適している理由は、含まれている有効成分にあります。メトロニダゾールという成分が含まれており、メトロニダゾールは病気のもととなる原虫に入り込むとニトロソ化合物という物質に変化して、原虫のDNAを切断するのです。DNAが切断された原虫は死滅してしまうので、フラジールを服用すれば病気の原因となっている原虫を退治することができ、高い効果を発揮すると言えます。

どのような感染経路で移ったトリコモナスであっても、フラジールを使用することによって治療することが可能です。ただし、フラジールはドラッグストアでは市販されておらず、医療機関で処方してもらうか、通販サイトを利用して個人で輸入購入しなければならないという特徴があります。トリコモナスによく効くフラジールを入手したいのであれば、医療機関で検査を受けるか、通販サイトで購入するようにしましょう。

妊娠中や授乳中の女性はフラジールを使用することができないとも言われていますが、妊娠初期や授乳中であっても、膣錠を利用することができます。たしかに内服薬はおなかの赤ちゃんに対する安全性が確保されていないため、使用は控えたほうが良いとされているのです。しかしながら、膣錠であれば成分が母体の血中に移行することはほとんどありませんので、安心して利用することができるでしょう。フラジールを使用すると発疹や食欲不振などの副作用が起こる可能性もあります。場合によっては重大な副作用が起こることもありますので、使用を開始してから異変がある場合は、病院を受診するようにしましょう。

関連記事
ヘルペス治療に効果的なバルトレックスの副作用 2019年11月10日

ヘルペスは症状がある部分との接触によって感染するので、避妊具なしでの性交渉以外にもオーラルセックスなどで感染してしまします。これには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類がありますが、どちらの場合も治療せずに放置しておけばパートナーに移してしまう可能性があるのです。それだけはなく、妊婦さんがヘルペスを患...

カンジダ腟炎が再発しにくい治療法とは? 2019年10月15日

カンジダ膣炎は性感染症のなかでも、再発しやすい病気のひとつだと言えます。再発する理由は主に2つありますが、カンジダ膣炎を繰り返してしまうという人は、どちらの理由で繰り返しているのかを突き止めることが、解決の手がかりとなるでしょう。まず再感染している場合は何度も症状があらわれることになります。カンジダ...

万能薬ジスロマックはマクロライド系抗生物質 2019年10月12日

万能薬であると言われているジスロマックは、風邪やマイコプラズマの治療薬としても処方されることがある薬です。マイコプラズマなどの病気だけではなく、淋病やクラミジアのような性感染症にも非常に高い効果を発揮する抗生物質だと言うことができますが、カンジダには効果がありません。ジスロマックはマクロライド系抗菌...

膣カンジダってどんな症状?感染原因と予防法とは 2019年10月07日

カンジダは性別に関係なく感染する病気ですが、これはコンドームなしの性交渉や肛門性交、オーラルセックスだけが感染経路ではありません。多くの性感染症は、これらの感染経路によって発症しますが、カンジダの場合は自己感染することもあるのです。自己感染はよく起こるものであり、性交渉の有無は関係なく病気を発症して...