• ホーム
  • 国内で増加している梅毒感染とその治療法とは

国内で増加している梅毒感染とその治療法とは

国内で感染者数が増加している性病のひとつとして、梅毒があります。昔から知られている性感染症のひとつですが、治療薬であるペニシリンが発見されるまでは不治の病として恐怖の対象とされていました。今は早期発見からの治療によって完治することができるのですが、ここ数年では日本国内での感染者数が急増しているという問題もあります。

日本国内で梅毒の発症者数が増えている理由は、いくつか考えることができます。まずは性風俗産業が活発化したことによって、感染が拡大したと考えられるでしょう。梅毒はコンドームなしでの挿入や肛門性交以外に、オーラルセックスでも感染してしまう病気です。性風俗店ではコンドームを使用せずにオーラルセックスが行われることが多く、夜のお店が梅毒の温床となっているケースが非常に多いと言えます。近年は性産業に携わる女性が増えていることから、たとえ一時的な従事であったとしてもその際に感染してしまい、その後男性のパートナーに移ってしまうこともあるのです。

ここ数年では外国人の性風俗利用も梅毒拡大の理由のひとつとなっています。特に中国は日本より160倍近く感染者がいますが、最近は中国をはじめとした海外のお客さんが性風俗を利用することで、従事している女性が感染してしまうケースが増えているのです。感染者が日本男性に移してしまうことで、さらに感染がループしていきます。5年間で25倍近く患者数が増加したときもあるほど、患者数の急増は大きな問題となっていると言えるでしょう。

男性と女性のどちらも梅毒の症状は性器だけでなく、全身の皮膚にあらわれるという特徴があります。症状は放置しておくことで消えてしまうこともありますが、消えてしまったからといって身体から病原菌が排除されたわけではありません。まずは感染した場所にしこりがあらわれますが、放置しておくと数週間で消えてしまうことがほとんどです。感染してから3か月ほど経過すると、しこりだけではなく手の平や足の裏への発疹も目立つようになり、身体や顔にはピンク色のアザ、肛門周辺や性器にはイボがあらわれるようになります。喉の奥が腫れあがったり、脱毛症状があらわれたりすることもありますが、これらの症状も数か月から数年で消え、その後はしばらく無症状が続くのです。

梅毒が悪化してしまうと、しこりが肥大化し、最終的には心臓や血管、神経や目などに重い障害が起こるので、しっかりと治療を行わなければなりません。梅毒の治療にはペニシリン系の薬が用いられています。ペニシリン系の薬は病院で処方してもらうことができますが、料金は検査の内容などによっても異なります。HIVやB型肝炎よりは安い料金で治療や検査を行ってもらえることが多いですが、数千円ほど必要であると思っておくと良いでしょう。梅毒に感染してしまったと自覚したら、すぐに病院を訪れて検査を行い、陽性反応があった場合はペニシリン系の薬を服用することで治療するようにしてください。

関連記事
男女で起こる淋菌の症状と治療薬について 2020年02月11日

淋菌が原因となって引き起こされる淋病は、男性にも女性にも発症する病気です。性別に関係なく発症しますが、特に男性は性風俗の利用によるオーラルセックスが感染原因となり、発症する人が多いと言えます。最も多い感染原因はオーラルセックスによるものですが、コンドームを使用せずに行った性交渉や肛門での性交によって...

不治の病ではない?HIV(エイズ)は完治はするのか 2020年01月03日

HIVやエイズは、治療することができない死に至る病で人生が終わってしまうと思っている人は少なくありません。実際のところは、感染したとしても早期発見や早期治療によって、一般的な平均寿命と同じくらい長生きすることも不可能ではないのです。完治することのない病気として知られているエイズですが、正しい知識を持...

万能薬ジスロマックはマクロライド系抗生物質 2019年10月12日

万能薬であると言われているジスロマックは、風邪やマイコプラズマの治療薬としても処方されることがある薬です。マイコプラズマなどの病気だけではなく、淋病やクラミジアのような性感染症にも非常に高い効果を発揮する抗生物質だと言うことができますが、カンジダには効果がありません。ジスロマックはマクロライド系抗菌...

ミノマイシンはマイコプラズマやニキビなどにも効果を発揮します 2019年12月06日

性感染症の治療薬として知られているもののなかには、ミノマイシンと呼ばれる薬があります。ミノマイシンは性感染症だけではなく、マイコプラズマやニキビなどにも効果を発揮する薬です。この抗生物質はクラミジアや淋病、梅毒などの性感染症をはじめとして、多くの病気を治療するために利用することができます。ミノマイシ...

ヘルペス治療に効果的なバルトレックスの副作用 2019年11月10日

ヘルペスは症状がある部分との接触によって感染するので、避妊具なしでの性交渉以外にもオーラルセックスなどで感染してしまします。これには性器ヘルペスと口唇ヘルペスの2種類がありますが、どちらの場合も治療せずに放置しておけばパートナーに移してしまう可能性があるのです。それだけはなく、妊婦さんがヘルペスを患...